換気機器設備工事
換気設備は、特定の空間の空気を入れ替えるための設備で給気設備と排気設備から構成されています。換気設備は、建築基準法によって、原則として全ての建物に設置が義務付けられています。

■ 新設工事 三菱業務用ロスナイ
  • パワー脱臭形 高齢者福祉施設や病院の療養室などでの換気と臭気対策に
  • 天吊カセット形 設置スペースが限られた事務所・テナントビル用
  • 天吊埋込形 事務所、テナントビルを始め、学校・病院など様々な用途での使用可能
  • 天吊埋込形加湿付 本体設置場所の他、室内の気流を考えた給気口と排気口の設定が可能
  • 耐湿型 プール・浴室・空調栽培室・冷蔵庫などの換気に最適


■ 学校用
熱交換換気により快適な室内空間を演出できるだけでなく、空調ランニングコストの低減も可能。また、1台で同時給排気が可能なため改正建築基準法およびシックスクール対策も万全。 また、天井裏に埋設しない「露出形」を採用しており、天井裏スペースがない「学校」などでの使用に最適。
■ 店舗用
熱交換換気により空調ランニングコストを低減できるだけでなく、カセット形によりメンテナンス時間・費用の圧縮が可能。また、室内側ダクトが不要なため、施工時間・費用の圧縮も可能であり、短期間でのリニューアルが多い店舗・飲食店に最適。


■ 設備用
高効率な全熱交換器「ハイパーエレメント」を搭載し、省エネ性を向上。また機械室・廊下と仕切り壁内などの狭いスペースに設置することができ、会議室やホールなどの大空間の換気が可能。また、天吊タイプと異なりメンテナンスが一箇所で済み、メンテナンス時間・コストの圧縮が可能。


三菱電機 業務用ロスナイのページはこちら