動力設備工事
動力盤から動力負荷までの容量に適応した配線を行なう工事です。

■ 配管・配線工事
鋼管やダクト、ケーブルラックを構造物に固定して配管・配線を行います。 配線箇所としては、壁面・天井・床面などが挙げられます。 また、動力機器への接続はマシンフレキ・プリカチューブなどの配管材を使用することがあります。