幹線設備工事
電灯分電盤や動力盤を設置し、受変電設備や引込開閉器盤などから容量に適応した配線を行なう工事です。
■ 電灯分電盤・動力分電盤・制御盤
分電盤
電灯分電盤・動力分電盤・制御盤の設置、容量増設工事を行います。

【分電盤】 電気を安全に使用するために必要な漏電遮断器(漏電ブレーカー)や配線用遮断器(安全ブレーカー)を1つにまとめた箱です。

【制御盤】 電気機械及び装置の運転と制御を行うための遮断機、保護装置、計器等を取付けまたは収容した鋼板製または合成樹脂製の盤またはキャビネットです。



■ 分電盤(電灯盤・動力盤)設置工事
分電盤の設置工事を行います。 分電盤には住宅用分電盤と業務用分電盤があり、業務用分電盤 の場合には、漏電ブレーカーや配線用のブレーカーのほかに、電力量計や制御用のリレー、照明をリモコンやタイマーで制御するための制御ユニットなどが組み込まれているものもあります。

■ 制御盤設置工事
制御盤の設置工事を行います。 制御盤には漏電ブレーカーや配線用ブレーカーから電源供給を行うほか、ポンプや空調機などの監視制御を行うユニットが組み込まれています。

■ 容量増設工事
主幹ブレーカーや分岐ブレーカーの交換を行います。 施設の使用電力の増加に伴い、ブレーカーが頻繁に落ちるようになった場合に、ブレーカーの容量アップを行う工事です。 また、ケーブルのサイズ検討が必要となります。

■ 回路増設工事
施設の使用電力の増加や使用する機器の増加に伴い、盤内の分岐ブレーカーの増設を行う工事です。

■ マグネット・リレー交換工事
マグネットおよびリレーの交換を行います。 盤内に使用されているマグネットやリレーは開閉を繰り返すことで、接点の磨耗やコイルの焼損などにより故障を引き起こします。


■ バスダクト関連工事
■ バスダクト設置工事
バスダクトを施設の構造体に固定し、電力の供給を行う工事です。

バスダクトとは:大電流を送る幹線に使用するダクト。金属製のケースに適当な間幅で絶縁導体を収め、配電盤からの幹線に用いる。適当な長さのユニットとして工場生産される。ケーブル工事に比べて構造が簡単で経年変化が少なく、コンパクトで保守も容易である。
エアコンセンターAC空調用語辞典より